【DQMSL】経験値効率の良い気合伝授の方法

DQMSL

気合伝授ってどうやるのが一番効率が良いんだろう・・・?

ということで、いきなり結論ですが、レベル1から気合伝授する場合、レベル61~62となるように、気合伝授の餌を用意するのが最も効率が良いです。

それではその理由について解説していきます。

この方法は気合伝授における「大成功」と「超成功」において得られる余分な経験値を最大限生かせる方法になります。餌となるモンスターの種族やレベルについては解説されているサイトがたくさんあるので今回は割愛します。気合伝授大成功確率〇倍などのキャンペーン時に実施した方がよいというのは言うまでもありません。

「大成功」では、餌としたモンスターによって得られる経験値の1.5倍が、「超成功」では、その経験値の2倍が得られます。例えばレベル80までの経験値が約80万(おそらく最も多い経験値タイプです)の場合、プラチナキング3体を気合伝授して、大成功してしまうと20万×3体×1.5倍で90万の経験値が得られることになります。レベル80を目標とする場合、約10万の経験値を無駄にしてしまっています。

そのため、「大成功」、「超成功」しても経験値があふれない程度で餌を用意するのが経験値効率の良い方法となります。(実際には少しあふれる程度で用意した方がレベル80まで最後少し上げなくてよいので楽です。)「超成功」を基準に考えると、レベル80までに必要な経験値の半分を気合伝授すればよいことになります。上記の例でいうと約40万(プラチナキング2体分)です。

その半分となる経験値ってどうやればわかるの?

都度情報サイトで調べなくちゃいけないのかな・・・?

ということですが、実はレベルでわかります。レベル1からレベル61~62に上げる経験値が、レベル80まで上げる経験値の半分になっています。これはこれまで出てきたあらゆる経験値タイプのモンスターや最近出てきた超魔王にも当てはまるので、ほぼ間違いないです。

つまり、どのモンスターであろうと、レベル1からレベル61~62にあげる経験値がレベル80まであげる経験値の半分になっています。これを応用すると、最初のレベルが1でなくても、現在の経験値(A)と、61~62レベルまでに必要な経験値(B)を適当に餌を変えて調査することで、(A + B)×2の式で、レベル80までに必要な経験値がわかります。

さらに、レベル80までに必要な経験値の約半分で餌を用意するのが効率が良いので、上記の式で{(A + B)×2 – A}÷2をすると、そのレベルからレベル80までに必要な経験値の半分が得られますので、その経験値を目指して餌を用意します。

まとめです。気合伝授する場合は、「超成功」を意識して、レベル80まであげる経験値の約半分となる、レベル61~62まで上がるように餌を用意しましょう。さらにこれを応用すれば、最初のレベルが1でなくても、情報サイトで経験値を調べなくても、そのモンスターの経験値タイプがわかり、効率の良い気合伝授ができるようになります。

補足ですが、50%はレベル61~62の間、75%(1回目の気合伝授が通常の成功だった場合に次に目指す経験値)はレベル71~72の間、66.6%(「超成功」ではなく「大成功」を基準とする場合に目指す経験値)はレベル68~69の間です。

少しでも意識することで、餌の無駄使いが減り、いままでより多くのモンスターを同じ餌の数で育てることができると思います!

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

DQMSLの人気ブログランキングに参加しています。

この記事が参考になりましたらクリックして応援していただけると嬉しいです!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました